離婚をする際に決めなければならない親権

たくさんの男女の出会いの中から縁があって結婚に至った場合でも、結婚後のさまざまな事情で離婚という結論に達してしまうことも少なからずあるものではないでしょうか。夫婦がお互いに納得して別れると決めたのであれば、役所に届けを一枚出せば問題は解決します。しかし、夫婦が別れるに際して条件を協議する中で、もしも夫婦に未成年の子供がいるときには、届けを出せば済むということにはなりません。それは、夫婦が別れるという結論によって、未成年の子供の生活が不安定にならないようにしなければならないからなのです。つまり、夫婦が別れるための最大の条件として、まずは未成年の子供の行く末を一番に考えながら、父母のどちらか一方が親権を得る必要があるのだということでしょう。

夫婦に未成年の子供がいる場合には子供の幸せを一番に考える

離婚するという結論に達した夫婦の子供が成人である場合には、すでに親が子供を育てるという作業期間が過ぎたのですから、親権が問題になることはありません。けれども、子供が未成年である場合には、子供自身が収入を得て、生活をしていくことは一般的には難しいことです。また、たとえ多くの財産を子供が所有していたとしても、それを上手に活用して自分だけで生活するということも無理でしょう。子供が健全な育成を遂げるためには、親がしっかりと子供をみつめ、成人になるまできちんと監督する義務があるからです。確かに、子供には両親がそろっていて、父母が担っているそれぞれの役割を果たすことは重要でしょう。しかし、場合によっては両親の不仲を目にしながら育つことは、子供の幸せにつながらないこともあります。

離婚に際して未成年の子供の親権は子供の幸せを基準とする

多くの場合、未成年の子供が幼いほど、一般的には母親が親権を得ることがほとんどです。それは、母性と子供のつながりが、子供の成長には必要であると考えられているためではないでしょうか。ところで、子供が幼くても父親が引き取るという場合も、まったく無いとはいえません。両親のどちらと生活を一緒にしたほうが良いかは、子供の幸せを一番に考えて決められるからですし、またそうでなくてはなりません。子供は、ただでさえ両親の離婚によって、心にキズを負ったり、暮らしが不自由になったり、いろいろなマイナスの影響も受けないとはいえないのです。だからこそ、両親のどちらと暮らしていったほうが良いのかは、それぞれの事情をしっかりと検証して、出来るだけ理想的な生活を送れるほうを選ぶ必要があります。