排水管更生は、金額の価値を、含めて考えましょう

一軒家にしろ、マンションにしろ、自分の持ち分で有れば、いずれは老朽化し、排水管の取り換え、又は更生を、考えなければなりません。勿論取り換えよりは排水管更生の方が、安く又技術的にも、その老朽化した排水管を設置した頃よりも、上がっており、特に大規模な、マンションや、商業ビルについては、間違いない事です。、反対に言えば、一軒家や、小さなビルや、マンションについては、必ずしも当てはまる分けではありません。必ず費用対効果を、考えなければなりません。中には、その水もれによって、毎月約100円程の損が、発生します。それを直すのに、約40万程かかります。という事が、特に一軒家においては、よく有る事です。この場合は、未だ、水漏れ等の原因箇所が、はっきりせず、それならば全部を、どうせ老朽化してきた事だから、変えてしまえば良い。という発想の、ほかなりません。このような場合は、もう少し老朽化し、はっきりと、漏水箇所が分かれば、その部分を、直してもらえば、よいだけです。



古い排水管を排水管更生でよみがえらせましょう

長年住んでいる住宅の場合、様々な部分が老朽化してくるのは仕方ありません。排水管も長年使用しているため老朽化が進み、最悪の場合排水管を交換する必要が出てきます。ただ、最近排水管を交換せずによみがえらせる排水管更生が注目されており、多くの家庭で、専門の業者に排水管更生の工事を依頼している状況です。あまりにも老朽化が進んでいる場合は更生できないケースもあるので、まずは排水管の状態を専門の業者にチェックしてもらうことが必要です。交換になると費用も高いですが、排水管更生なら比較的安い費用で工事を依頼することができます。もちろん業者によっても費用は異なりますので、事前に複数の業者に見積もりを依頼して、少しでも安い費用で請け負ってくれる業者を見つけてください。業者の情報はネット上にも掲載されていますので、時間のある時に自宅のパソコンでチェックしてみてください。



排水管更生で、排水管の寿命を延ばせます

一軒家の戸建てであっても、マンションやアパートであっても、生活するための建物内に必ずあるものといえば「排水管」です。排水管は建物の筐体などと同じで、寿命があります。老朽化は避けることができず、日々少しずつ劣化していくものだといえます。そこで、排水管を取り替えるということになるのですが、この排水管は建物の隅々に張り巡らされた血管のようなもので、これを取り替えるとなると、居住者の一時的な引越しや、設備を掘削しながらの工事など、大変な負担が発生します。費用だけではなく時間もかかってしまます。そこで話題になっているのが、「排水管更生」です。これはその名前のとおり、現在使っている排水管を利用し、更正させることで今後も使い続けることができるという工法です。まず排水管内の汚れやヘドロなどを綺麗に取り去ります。実はこの手順は、お掃除と言うわけではなく、パイプ内に新しい皮膜を塗布するためにどうしても必要な工程なのですが、汚れを除去すると言うこの工程により、排水管からの悪臭も大幅に減りますので、それも嬉しいポイントです。その次には、ライニングと呼ばれる特殊な皮膜を施していきます。腐食や錆に大変強い素材ですので、この膜をまとう事により、再び丈夫な排水管として使用することが可能になります。

価格も工期も「トルネード工法」でならメリットしかありません! 東京トルネードは業者の中での施工実績ナンバー1です。 樹脂製の管内ホースを採用しており、摩擦を最小限にとどめています。 排水管を取り替えることなく、新品同様に更生するのが特許技法「トルネード工法」です。 施工後は安心の10年保証です。24時間365日対応いたしますので、もし異変を感じましたらすぐご連絡ください。 排水管更生の実績No.1は東京トルネード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)